海外旅行雑記

セブ島の語学学校NILSの評判や口コミは?メリット・デメリットを経験者が紹介

今回はセブ島語学留学経験者の筆者が、自身の体験談を踏まえ、フィリピン政府公式認定 語学学校のNILS(ニルス)の評判や口コミをお伝えします。

セブ島留学の魅力だけでなく、NILSの様々なメリット・デメリット、授業内容や滞在環境、料金などを踏まえてお伝えします。

そもそもですが…セブ島留学自体はとてもおすすめ!

セブ島
まず、筆者としてはセブ島語学留学自体が大変貴重な体験でしたので、セブ島自体には留学されること自体はお勧めいたします。

特に英語のスピーキングを鍛えたい方や、マンツーマンで英語を話したい方、海のアクティビティが好きな方などにはとても適しています。

欧米の語学学校に言った場合、マンツーマンレッスンなどは基本的にありません。また、セブ島留学には、社会人になってから転職の合間やお休みのちょっとした期間に来る人も多かったです。

そこで今回は、セブ島留学に行くとしても、一体どこの語学学校に行くべきか?と、悩んでいる方の参考になればと、NILSの口コミをお伝えします。

なお、NILSは現地でもQQ Englishと並んで有名な語学学校で、特に知らない人はいないと言っても良いレベルでしょう。

セブ島の語学学校NILSの運営会社の信頼性は?


出典:NILS

まず、そもそもフィリピン政府にも公式認定されている、語学学校のNILSは一体どんな会社が運営しているのでしょうか?

NILSの会社概要

  • 名称:NILS(Newtype International language school)
  • 設立年度:2011年
  • 学生定員:160名
  • 講師数:130名
  • 日本人スタッフ:在籍
  • オフィス住所:Unit 714, TGU Tower, Asiatown, I.T. Park, Salinas Drive, Lahug, Cebu City 6000, Philippines
  • 電話番号:03-4455-7714

まず、NILSは設立時期が2011年と比較的新しい学校ではありますが、講師と学生数がすでに一定数ある点に関しては、信頼できる語学学校と言えるでしょう。

また、日本人スタッフ在籍の安心感がある点や、住所がセブ島の中心I.T.パークに位置しているため、セブ島からどこかに出かけるにしても便利という点も見逃せません。

NILSの代表「千葉栄一」氏の経歴は?


出典:NILS

ちなみにNILSの代表は千葉栄一氏です。

千葉氏の詳細な経歴は記載されてはおりませんでしたが、1970年生まれの方で、参考になるインタビュー記事がありましたので、そちらをご紹介します。

ちなみに別のインタビューによると、千葉氏はJICCというコールセンターやオンライン英会話スクールも立ち上げている経営者のようです。

最初に立ち上げたのはコールセンターのJICC(Japan Intertrade Callcenter Corporation)。

次にオンライン英会話スクールの「イーフレンド」。

三つ目が英語学校の「NILS」。

そして現在は、インターネットのリスティング広告事業を行う会社の設立準備を進めています。

「コールセンター」「教育」「ネット広告」とさまざまな事業を手がけていますが、すべてのビジネスに共通するキーワードがあります。

それは「英語」です。

色々と千葉氏のインタビュー記事を読む限り、「英語」に情熱を持って留学事業をされているように見受けられますので、その点は信頼できると言って良いでしょう。

それでは次に、NILSの語学学校自体の特徴を確認していきます。

セブ島の語学学校NILSのメリットや魅力は?


出典:NILS

まず、NILSには本当に様々な留学プログラムがあります。

  • 長期留学プログラム
  • マンツーマン語学留学
  • 短期留学プラン
  • 無料1週間体験留学
  • ホテル滞在プラン
  • 親子留学プラン
  • 0円留学

また、授業のスタイルも下記の4つから選べます。

  • ゆっくりプラン(4時間)
  • 標準プラン(6時間)
  • ガッチリプラン(8時間)
  • スパルタプラン(10時間)

このように自分にあったスタイルの留学や授業スタイルを選べる点は、かなり柔軟性があります。

また、10時間コースというのは、なかなか他のセブ島の語学学校にないNILSの特徴ですので、朝から晩までフィリピン人講師とスパルタで英会話したい人にはおすすめです。

滞在場所の寮の立地はI.T.パークの近くで便利


出典:NILS

また、NILSの立地はI.T.パークの近くですので、コンビニやスーパー、ショッピングセンターやレストランなどに困ることはないというのは、筆者の留学経験からも確かです。

NILSの滞在場所は「寮」になりますが、寮は1人部屋、2人部屋、3人部屋が選べる形になっています。また、寮がキャンパスと併設しているので、移動が楽です。

また、各部屋には冷蔵庫、エアコン、ホットシャワー、WiFiを完備しており、ランドリーショップ(1キロ29ペソ(約65円))もあります。

ただ、NILSはホテルではありませんので、ホテル並みのクオリティは期待しない方が良いでしょう。

ホテル滞在が良い方は、ホテル滞在プランも選択可能


出典:NILS

ですが、ホテル滞在でそこにフィリピン人講師が来てくれる「ホテル滞在プラン」も提供していますので、ホテル滞在が良い方にはそちらも可能なようです。

また、この他にもNILSは「土日にもレッスンを受講」できたり、「親子留学」なども可能なようです。

このようにNILSでは様々なカスタマイズ留学が可能ですので、まずは一度無料の資料請求をしてみたり、説明会に参加して相談してみてはいかがでしょうか?

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

セブ島の語学学校NILSの評判や口コミは?


続いてNILSのネット上での評判や口コミは、なかなか良いようです。

内容を踏まえた上でまとめてお伝えしますが、要はNILSはリーズナブルに留学生活を楽しみたい方、初海外・初留学・英語初心者の方などにとても良いとのことでした。

実際NILSは留学をカスタマイズできることもあって、参加者の年齢に関してはかなり幅広いようで、社会人参加者の方もかなり多くなっているようです。

一方、インターネット上の口コミを拝見すると、NILSの授業に関しては、少々ネガティブな口コミもありました。

要は、「リーディング」や「ライティング」がいまいちというものです。

NILSのデメリット?セブ島留学はスピーキング上達に有効


出典:NILS

ですが、このリーディングやライティングに関してですが、これはNILSだけでなく、セブ島の語学学校全般に言えることです。

言ってしまえば、セブ島留学は英会話のスピーキング上達のためにはとても良いのですが、リーディングやライティングは、授業以外でやらないと上達しにくいということです。

そもそもセブ島留学というものが「読み書き」ではなく、マンツーマンで「英語を話すこと」に重点を置いているので、仕方ないことなようには思われます。

ですので、NILSなどのセブ島留学は、英語をもっと流暢に話せるようになりたいという方に向いていると言えるでしょう。

セブ島では野菜が取りづらいのは事実…

また、もう一点マイナスポイントの口コミとしては、「食事で野菜があまりない」という話がありました。

ただ、これもセブ島全般に言える話なように思います。筆者もセブ島に滞在していた時は「野菜」の摂取が少なくなっていました。

そのため、よくコリアンレストラン(サムギョプサル食べ放題など)で野菜を食べたり、イタリアンレストランでサラダを注文したりしていました。

物価が安いのでそんなに問題はありませんでしたし、一応NILSでは夕食に日本食のお弁当が出ます。

その他細かいネガティブポイントも、結局は自分次第

また、この他にはエレベーターが混んだり、Wifiが時折繋がりにくい等のネガティブコメントもありました。

ただ、結局はどこの語学学校にいっても、そのセブ島留学を生かすも殺すも自分次第であるとのコメントも目立ちましたので、まさに筆者もそのように思います。

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

(2018年更新)セブ島の語学学校NILSの料金は?


出典:NILS

(追記)現在は新しくニューキャンパスができ、昔のキャンパスより少し高い価格でプログラムが提供されています。予算との兼ね合いで好きな方を選ばれるのが良いでしょう。

まず、基本料金には、授業料と宿泊費が含まれ、月曜日〜金曜日の朝・晩のご飯がついています。

また、基本料金はプランによって変わりますので、ここでは例として1週間1人部屋の滞在でプラン毎に見てみます。

  • ゆっくりプラン(4時間):67,500円
  • 標準プラン(6時間):77,500円
  • ガッチリプラン(8時間):87,500円
  • スパルタプラン(10時間):95,500円

やはり料金を見ると、欧米の語学学校と比べて大変リーズナブルなようには思います。ただし、口コミをみる限り、そこまで食事のクオリティには期待してはいけないようです。

ですが、筆者の経験上からも、外食してもセブ島であれば大体日本の1/2以下の食費かと思います。ですので、セブ島留学では外食を楽しむことをおすすめします。

一人部屋と二人部屋のどちらを選ぶのが良いのか?

個人的には、部屋で一人で落ち着いて過ごしたい方には、一人部屋をオススメします。

ですが、実際二人部屋でも一人しかいない場合もあったりしますし、共同生活が苦でない人は二人部屋以上で「リーズナブル」に済ましても良いのかもしれません。

実際二人部屋や三人部屋の方が、友人を作りやすい、一緒に出かける人を見つけやすいというメリットはあります。

一方、一人で集中して宿題や勉強をしたい方には、一人部屋をオススメします。

その他の費用の詳細は?

その他の費用の詳細は下記になります。

  • 入学金:15,000円(2回目以降:5,000円)
  • 食事費用:3,500円/週(平日の朝晩のご提供)
  • ピックアップ費用:3,000円(セブ到着日に空港までお迎え)
  • 教科書代(1冊):300ペソ~500ペソ(約500円~約1000円/教科書は1ヶ月平均1~2冊)
  • SSP(特別就学許可証):7,000ペソ(約16,100円)
  • 海外送金手数料:2,000円
  • 水道・光熱費:1,200円/週

ここまで見てきても、やはりセブ島ということもあって、アメリカやイギリス、オーストラリアに行くよりも全然リーズナブルなようには思います。

なお、空港のピックアップ費用は3,000円となっていますが、筆者の経験から空港からはピックアップされた方が楽かなと思います。

ただし、実際帰りは250ペソ(550円程度)で空港までいけましたし、UberやGrab Taxiを使えば特段ピックアップはいらないかもしれません。

ですので、海外慣れしている方は、空港から自力で行かれても良いでしょう。

セブ島の語学学校NILS(ニルス)に関するまとめ


以上になりますが、会社の信頼性、授業内容や滞在環境、値段の観点から総合的に判断すしても、フィリピン政府公式認定 語学学校NILSはおすすめできる語学学校だと思います。

NILSはセブ島現地でも良く聞く語学学校の一つでしたので、そんなに留学してハズレということは、まずないのではないでしょうか?

また、最近ではIT留学や0円留学なども始めており、ますますバリエーションが増えているようです。

なお、NILSは次々と新しい取り組みをしているため、非常に情報の移り変わりが早いです。

現在セブ島留学を検討されている方は、NILSの最新情報を得るためにも、まずは公式サイトから無料の資料請求をしてみたり、無料の説明会に参加されるのが一番良いでしょう。

フィリピン政府公式認定 語学学校NILS

20代向けおすすめプログラミングスクール
30代未経験エンジニア転職におすすめのプログラミングスクール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA