【エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)の体験談や就職先まとめ】東京近郊の20代におすすめ

【完全無料プログラミング研修&就活塾】で有名な、プロエンジニア(Proengineer)が東京で提供している「エンジニアカレッジ(旧:プログラマカレッジ)」についての体験談や就職先まとめです。

筆者もテックアカデミーやテックキャンプなどの一般的なプログラミングスクールに通ってたので良くわかるのですが、一般的なプログラミングスクールからプログラマーに就職って、結構ハードルが高いというか…(笑)

WebCampProみたいな専門コースにいけばまだ良いんでしょうが、一番の違いは「提携先企業」があるかどうかですよねやっぱり。

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)のように最初から「提携先企業」がたくさんあった方が、それは就職はしやすいという話かとは思います。

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)の提携先企業や就職先は?


こちらの【未経験からプログラマ】完全無料であなたの就職をサポートというページに載っていますが、エンジニアカレッジ(運営企業:インターノウス)の提携先企業には、下記のような大手企業があります。

  • サイバーエージェントグループ
  • 楽天
  • ソフトバンクグループ
  • LINEグループ
  • KDDIグループ
  • ドリコム
  • モブキャスト
  • リクルートグループ
  • NTTデータグループ
  • 伊藤忠グループ

どうしてこういう大企業と提携できているかというと、実際にプログラマカレッジ運営業者の「インターノウス」は、ITエンジニアの就職支援で10年以上の実績があるからです。

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)はこれまできちんとしたITエンジニアを派遣していた実績があるので、提携先企業も受け入れ体制ができているということでしょう。

保有求人数は3500件以上で、実際の就職率は96.2%ですので、これで「完全無料」というのはすごいです。

まあ無料なのは提携先企業にきちんとした人材を紹介することで、その企業から「紹介料」をエンジニアカレッジの運営企業であるインターノウスがもらっているから成り立つということです。

続いて実際の【完全無料プログラミング研修&就活塾】の体験談や口コミを下記にまとめてみました。

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)の口コミや体験談は?

ツイッターなどのSNS上にはプログラマカレッジに関する口コミがあるのですが、実際の体験談ブログなどはあまり見当たらず。

「26歳からプログラマーに転職したエンジニアのブログ」「フツーのOL(29)がエンジニアをめざしてみる」ぐらい?しかなく、調べて見るとこういうブログでの口コミ報告は色々と規制されているっぽいですね(笑)

まあなので【完全無料プログラミング研修&就活塾】の無料面談で直接色々と聞いちゃった方が早いかとは思います(笑)

あと【完全無料プログラミング研修&就活塾】の体験談に関しては、インターノウスが自社で運営しているメディアを見といても良いかもしれません。


出典:プログラミング入門レシピ

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)と、一般的なプログラミングスクールの違い

筆者もプログラミングスクールに通ってましたので、実体験を踏まえて「違い」をお伝えしておきます。

まず、大前提としてエンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)は、未経験から正社員のITエンジニアとして働きたい方向けの無料カリキュラムです。

一般のプログラミングスクールには、特にプログラマーを目指していない人(筆者含む)も受講していますので、その点が異なりますよね。

一都三県の30歳までなら、職歴、学歴は関係なし

続いて、エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)は20代の方であれば誰でもOKということですので、さらに門戸は広いように思われます。

対面のマンツーマンレッスンが特徴的

あと筆者が特徴的だなと思ったのは、プログラミングスクールと言えば、筆者も受講した「テックアカデミー」などオンライン授業が多いです。

上場企業が運営する「コードキャンプ」もオンラインのマンツーマンですので、対面のマンツーマンは特徴的です。

つまりは途中で挫折しづらい仕組み(笑)

「対面授業」の何が良いかというと、挫折しづらいというところでしょう(笑)

英会話でいうならば、放置スタイルのオンライン英会話ではなく、ライザップのような専属トレーナーがつく英語のパーソナルジムみたいな感じでしょうか(笑)

まあいずれにせよしっかりと理解できるまで親身になって教えてもらえるというのありがたいです。

受講者の要望にあわせて1~2ヵ月のサーバー/ネットワーク研修期間を経て、就職活動までをサポートしてくれるというのもありがたいです。

一般的なプログラミングスクールは自習が必要!

基本的にテックアカデミーなどのプログラミングスクールは、筆者も受講しましたが、自分で勉強する必要があるスタイルです。

そもそも「エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)」は生徒を就職させることを目的としているので、徹底的にサポートしてくれるということなのでしょう。

1人ひとりの受講生に「アドバイザー」が専任でつく点も違いしますし、マンツーマンで就活までサポートしてくれる点も異なります。

エンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)に向いている人は?

プログラマー
そんな訳でエンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)に向いている人は下記のような人かと思います。

  • モノ作りやインターネットが好きな人
  • 正社員就職をしたいけど上手くいかなかった人
  • 手に職をつけて安定的に働きたい人
  • 将来的にフリーランスとして働きたい人
  • 話すのが苦手なので、営業や接客以外の仕事をしたい人

プログラミングができれば正直今後職に困ることはないでしょう。

日本でもエンジニアは企業で求められる一方ですので、給与水準は上がることはあっても下がる可能性は低いとは思います。

現時点で明らかにアメリカのエンジニアと比べて日本のエンジニアの給与水準は低いように思いますし、今後この格差は是正されるんじゃないでしょうか。

それと、プログラマーになった後に筆者もおすすめ(?)する「英語」を身につければ、世界中どこでも働けますしね。

現在プログラマカレッジの利用を検討されている方は、一度無料面談で色々と詳細を聞いてみても良いのではないでしょうか?

【未経験歓迎】アプリ開発、ゲーム開発、web開発、短期集中型の無料プログラミング&就活スクール

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

学生

【受講の感想】テックアカデミーとテックキャンプを比較して紹介!

VR

【受講の感想】VRを学べるプログラミングスクールTECH CAMPの評判は?

【評判/実績】テックキャンプエキスパートは東京以外や30歳以上の方にもおすすめ

まとめ

【評判】WebCampは料金が安い!主婦ママやグループレッスン希望者におすすめ

データサイエンティスト

データミックスの評判や効果は?米国No.1職業データサイエンティストになるのはお...

Design

【実体験】プログラミングの独学は可能?初心者の社会人にはおすすめしない理由