プロフィール

大企業に5年程度勤めた後に、ふらっと辞めたアラサーノマドです。

会社を辞めた後はセブ島にいって英語力をあげたり、プログラミングスクールに通ってプログラミングの基礎を学んだりしていました。

そして、今は特に誰にも縛られることなく、自由気ままに生きています。

ノマドなので今は好きな時に海外に行ってぷらぷらしていますが、また再度組織に属することもあるかもしれません。

筆者は特に企業で働くことを否定するタイプの人間ではありませんので、働き方に関しては楽しければなんでも良いんじゃないかなと思っている派です。

色々と大企業だからできることもありますしね。

ですが、「その仕事は、10億円もらったとしても続ける仕事なの?」という問いに対して「NO」であるならば、それはきっと何かを変えた方が良いとは思っている派です。

かのスティーブ・ジョブズも、こんなことを言っていました。

If today were the last day of my life, would I want to do what I am about to do today?

(もし今日が人生最後の日だとしたら、今日やろうとしていることは、本当に自分のやりたいことなのだろうか…?)

要は「明日死んでも後悔しない生き方」をした方が良いんじゃないかな、とは思っている派です。

きっと多くの人は、初任給で10億円をもらったら、次の日にはその会社は辞めているんじゃないでしょうか?

それは、その仕事が「本当に自分が心の底から人生でやりたいこと」ではないからですよね。

中には修行期間のために一年間ぐらい企業で働いている人もいるかとは思います。

筆者も若い時は将来にレバレッジを効かせるため、「修行のために一定期間働く」という気持ちがありました。

ですが、完璧に準備が整うことなんて一生ない訳で、バッターボックスに立たないと何も始まらないのです。

そんな訳で筆者はもうアラサーですので、今後は「これはきっと10億円もらっても続ける仕事だろうな」ということだけをやって生きていくつもりです。

再度企業で働く場合はもう特に給料もいりませんので、エキサイティングな人々がいる職場や、真に自分のやりたい事ができる職場で働くつもりです。

そうすれば、きっと深い後悔はしないと確信しているからです。

今年ノマドした国は10ヶ国以上で、写真はイギリスのケンブリッジでパンティングをしていた時の写真です。

日本にいる時は基本的に東京にいますが、日本が寒い時は暖かい国へ、日本が暑い時は涼しい国へ滞在しています。

ちなみにこんな感じで海外をぷらぷらしていても困らない理由の一つに、「英語」があります。

筆者もなんだかんだ英会話スクールに通ったり、海外の語学学校に通ったりして、時間をかけて「英語」を身につけてきました。

ぶっちゃけコストも相当かかってますが、アラサーになった今では、早いうちから「自分に投資」しておいて良かったなあという気持ちしかありません。

これはプログラミングもそうかなと思っていますので、引き続き「自分に投資」をして、周りの意見に流されず、自分の信じた道をたんたんと進んでいこうと思っています。

お問い合わせはこちら