プログラミングスクールの人気ランキング【就職型・教室型・オンライン型】

英語とプログラミングができれば、一生食うに困らない時代と言われています。

そんな時代背景の下、筆者も「英語」を身につけ、テックアカデミーやテックキャンプなどのプログラミングスクールを受講して「IT」を学んできました。

英会話もプログラミングスクールも費用のかかるものですが、早いうちから「自分」へ投資し続けて本当によかったと思っています。

良くわからない会社の飲み会に行くよりも、自分にお金を費やして大切なことに時間をかければ、それは必ず数年後にレバレッジが効いて返ってくると筆者は信じています。

【就職型】20代からプログラマーへの就職を目指すなら?

完全無料!就職を目指すならエンジニアカレッジ(プログラマカレッジ)
まず、20代が未経験から本気で「プログラマー」を目指すなら、一番評判が良いのは「エンジニアカレッジ(旧:プログラマーカレッジ)」です。

エンジニアカレッジの特徴は、一人一人にアドバイザーが就いて、対面形式で親身になって教えてくれる点です。

そもそもが就職を目指す完全無料のプログラムですので、提携先企業も優良企業が多く、就職先の案件数も3500件と豊富です。

20代で一都三県にお住いの方であれば誰でも利用できますので、本気でプログラマーへの転職を目指される方には一度無料相談をされてみても良いかと思います。

受講スタイル 教室でのマンツーマン形式 or グループレッスン形式
受講場所 東京
レッスンの種類 基礎研修〜就職サポート
講師  現役エンジニア
料金 完全無料(注:本当です)
レッスン回数 1ヶ月〜3ヶ月
開始時期  指定あり(毎月あり)
オススメ度

【フリーター・未経験歓迎】手に職をつけるプログラミング&就活スクール

評判はこちら

【教室型&オンライン型】プログラミングスクールTOP3!

それでは続いては実際にプログラミングスクールを受講した筆者が、本当におすすめできる「プログラミングスクール」を厳選してご紹介します。

【無料体験あり】オンラインのマンツーマンならCodeCamp(コードキャンプ)
Codecamp
コードキャンプは、完全オンラインのマンツーマンのプログラミングスクールで、講師も全員現役エンジニアな点が特徴です。

また、料金も同業他社比遜色ない値段で、自分の好きな時に受講を始められて、対応時間も7時〜24時と幅広い点がフレキシブルです。

こちらは実際に筆者の非プログラマーの友人が無料体験を受講して非常に良かったと聞いていますので、プログラミング未経験者にもおすすめできます。

また、運営会社のコードキャンプ株式会社には、東証一部上場企業のフューチャー株式会社が資本参画していますので、会社としての信頼性も高いです。

受講者数も日本一で満足度も高いようですので、現時点で一番おすすめできるプログラミングスクールかなと思います。

受講スタイル 完全オンライン(マンツーマンレッスン)
受講場所 完全オンライン
レッスンの種類 Webマスター、Rubyマスター、アプリマスター、
デザインマスター、Javaマスター、エンジニア就職・転職
レッスンの回数 選択可能(1ヶ月30回や6ヶ月60回など)
対応時間 7時〜24時
講師 全員現役エンジニア(大手IT企業勤務経験ありなど)
料金 ¥148,000 〜 ¥298,000
開始時期  いつでも可能
受講者数 18,000人以上
オススメ度

公式サイトはこちら

評判はこちら

【無料体験なし】教室に通うのが好きならTECH CAMP(テックキャンプ)
テックキャンプ 
続いてテックキャンプも筆者は受講したのですが、こちらは教室に通ってプログラミングをやりたい方や学生の方などに最適です。とにかく短期間でつめこみまくりたいタイプにおすすめです。

1週間、毎日朝から晩まで教室に通って基礎を身に付けたい方や、プログラマーになる気はないけれども、超速でプログラミングの基礎を知っておきたい方などに特におすすめです。

また、テックキャンプは2017年になんと定額で全ジャンルのコースが受講し放題というサービスになりました!

筆者が通った時は例えば「ウェブアプリ」だけを受講といった形だったのですが、現在では「VR」や「AI」などの昨今注目されいている領域なども、ウェブアプリの学習と合わせて定額制で受講が可能です。

また、プログラミング学習中にわからないことが出てきたら、気軽に近くのメンターに即座に質問することができますので、その場ですぐに解決できます。

ただ一点難点は、教室では他の受講生もメンターに質問していますので、若干気が散ることもあるのは確かです。その際は耳栓などをもっていくと良いかもしれません。ちなみに筆者の友人曰く「東京駅前」は落ち着いているらしいです。

受講スタイル 教室形式(オンラインでの受講も可能)
受講場所 渋谷、新宿、池袋、東京駅前、御茶ノ水、早稲田、
名古屋、梅田、三宮、天神
レッスンの種類 Webサイト制作、Webサービス開発、VR・3Dゲーム開発、
デザイン、AI(人工知能)入門、実践ビジネススキル講座
レッスンの期間  1ヶ月(教室に通い放題)
講師 テックキャンプ卒業生(学生・社会人)、現役エンジニア
料金 入会費用128,000円(初月無料で月額12,800円)
対応時間 教室:平日16-22時、土日祝日13-19時、オンライン:全日13-22時
開始時期 指定あり
受講者数 8,000名以上
オススメ度

公式サイトはこちら

評判はこちら

【無料体験あり】オンラインの特化型ならテックアカデミー(TechAcademy)
テックアカデミー
続いて、テックアカデミーは完全にオンラインで、プログラミングをテキストに沿って独学するタイプのスクールです。筆者もテックアカデミーは受講しましたが、普通に良かったと思っています。

テックアカデミーの特徴としては、受講コースが細分化されていることです。例えば「Wordpress」を学びたいなど、自分の学びたい部分を特化型で学べます。

また、メンターによる週2回のメンタリングがあるため、モチベーションを維持しやすいです。なお、最終的には希望すれば著名経営者などにサービスのプレゼンなども可能です。

学びたい領域がはっきりしている方や、サービスを作って世に出したい方などにおすすめできるスクールです。ではなぜ2位にしているかというと、講師への質問可能な時間が15時からになるからです。

その点は「Codecamp」の方が優位ですし、なにより「Codecamp」には東証一部上場企業がついてる安心感があるため2位としています。

受講スタイル 完全オンライン(独学)
受講場所 完全オンライン
レッスンの種類 Webアプリケーションコース、PHP/Laravelコース、
フロントエンドコース、WordPressコース、
iPhoneアプリコース、Androidアプリコース、Unityコース、
はじめてのプログラミングコース、
Webデザインコース、UI/UXデザインコース、
Webディレクションコース、Webマーケティングコース
レッスンの回数 週2回メンターのメンタリングあり
対応時間 15時〜23時(質問可能な時間帯)
講師 現役エンジニアが中心(フリーランスエンジニアなど)
料金 社会人:129,000円〜279,000円(1ヶ月〜4ヶ月)、
学生:79,000円〜169,000円(1ヶ月〜4ヶ月)
開始時期 指定あり
受講者数 10,000名以上
オススメ度

オンラインブートキャンプ 無料体験

評判はこちら

【グループレッスン型】主婦ママや就職支援コースあり!

渋谷で短期集中で学ぶならWebCamp(ウェブキャンプ)
ウェブキャンプ
続いて、ジャンルが変わって「グループレッスン」でプログラミングを学びたい方におすすめなのは「ウェブキャンプ」です。

ウェブキャンプでは、一緒に受講している人々と切磋琢磨しながらプログラミングを学ぶことができます(もしかしたら素敵な出会いもあるかもしれません)

「バディー制度」というマンツーマンで教えてもらえる制度もありますので、挫折のしづらさはNo.1と言えるでしょう。

また、ウェブキャンプには「主婦ママコース」といってや主婦の方向けのコースもあったりと、ニーズ別にコースが分かれているのも特徴です。

エンジニアカレッジと同じように「WebCampPro(転職保証付きプログラミングブートキャンプ)」というプログラマーへの転職を目指される方へのコースもあります。

ただ残念ながら「渋谷」にしかありませんので、東京近郊にお住いの方のみにおすすめします。

受講スタイル 教室でのグループレッスン形式
受講場所 渋谷
レッスンの種類 Webデザイン、プログラミング
(主婦ママコースや転職保証つきコースあり)
対応時間 11:00〜23:00
講師  一部現役エンジニア
料金 社会人:¥118,000 (1ヶ月)、¥198,000 (2ヶ月)、¥258,000 (3ヶ月)
学生:¥59,800 (1ヶ月)、¥118,000 (2ヶ月)
レッスン回数 1ヶ月
開始時期  指定あり
オススメ度

公式サイトはこちら

評判はこちら

プログラミングスクール選びを迷われている方へ

ポイント

プログラミングスクールを決める前提として、運営会社の信頼性は注意すべきですが、この点に関しては、筆者が実際に通ったスクールや実績のあるスクール以外は掲載しておりません。

その前提を踏まえた上で、スクールを選ぶ際に重要なポイントは下記2点です。

  1. 受講スタイル
  2. 受講条件

一番大事なのは「受講スタイル」です。プログラミングスクールは、主に「①完全にオンラインでの受講」と、「②教室に通って学ぶ形式」の二つのスタイルに分かれます。

完全にオンラインで自分にあったペースで進めたいのか、教室に通って友達を作りたいのかなど、このあたりの希望によって選択は変わります。

続いて重要なのが「受講条件」です。プログラミングスクールごとに、受講できる「プログラミング言語」「対応時間帯」「講師の質」「料金」などは異なります。

従って、しっかり自分の条件に合ったプログラミングスクールを選ぶことが大切です。

以上を踏まえて、自分に適したスクールを選んで頂ければと思いますが、それでも決めかねている方は、一度「無料体験レッスン」を利用されるのがおすすめです。

ご紹介した「コードキャンプ」であればオンラインでの無料体験レッスン、テックアカデミーであればオンラインブートキャンプ 無料体験がありますので、一度無料体験レッスンを受講してから決めてみても良いでしょう。