ライザップイングリッシュ

ライザップで英語を話せるようになる?効果の怪しさを経験からお伝え

ライザップイングリッシュ(RIZAP ENGLISH)に通えば、誰でも英語を話せるようになるのでしょうか?

目次

そもそも英語は1年間ぐらいは勉強しないと普通の人は話せるようにはならない

まず結論からお伝えしますが、普通の人は、英語を2ヶ月では話せるようになりません。

筆者も英会話スクールに1年間通い、セブ島やロンドンなどに留学してようやく英語を話せるようになりました。

ですので、ライザップイングリッシュに2ヶ月通えば、誰でもペラペラになれると信じきってしまうのは、とても危険です。

例えばですが、2ヶ月ほどアメリカに留学した友人は、2ヶ月後に英語がペラペラになって、日本に帰ってきましたでしょうか?

もちろん、1年留学していた友人であれば、「この人英語うまいな〜」と思うことはあるでしょう。

そうです、つまり猛烈に英語を勉強する情熱のある人以外は、1年ぐらいしっかりと英語を勉強しないと、英語をうまく話せるようにはならないのです。

1年間で英語を身につけるスクールのトライズの口コミはこちら

ライザップイングリッシュは短期集中で英語力を上げるのにはおすすめ


かと言って、ライザップイングリッシュが全くおすすめできないかというと、そうではありません。

筆者も大手のマンツーマン英会話スクールGABAに1年ほど通っていましたが、結論からお伝えすると、そのような一般的な大手の英会話スクールに通うよりは、おそらくライザップイングリッシュなどの方が費用対効果は高いでしょう。

一番の理由は、大手の英会話スクールは外国人の先生と楽しく英語を話す場としては最適なのですが、本気で英語力を上げたい人には向かないからです。

ではなぜライザップイングリッシュの方が良いかと言うと、専属のパーソナルトレーナーがつき、強制的に英語を勉強しないといけない環境に身をおけるからです。

特に社会人になってから英語を身に付けようとした場合、英語学習に対する相当なモチベーションが必要です。

(更新)ライザップイングリッシュの料金や費用対効果は?


それでは続いて、ライザップイングリッシュで一番気になるであろう、「費用に見合う効果はあるの?」というところを確認します。

ライザップイングリッシュのコースと料金を確認

まず、ライザップイングリッシュのコースは、下記4コースに分かれています。

  1. ベーシックコース
  2. TOEICスコアアップコース
  3. スピーキングコース
  4. 英会話力養成コース

このように4コースにわかれているのですが、受講する際は「①ベーシックコース + ②TOEICスコアアップコース or ③スピーキングコース」か「④英会話力養成コース」という形になります。

結論からお伝えすると、ライザップイングリッシュの費用は最低でも2ヶ月で50万円はします。もちろん海外留学よりは安いですが、それなりの金額です。

そこで、それぞれのコースの詳細を確認し、筆者が実際に受講したGABAなどの大手マンツーマン英会話スクールと料金を比較してみます。

ベーシックコースの値段は20万円程度

まず、ベーシックコースの値段は20万円程度かかります。

  1. 1ヶ月(8回):入会金5万円 + 14万9千円 + 教材費 = 約20万円

こちらの値段がTOEICスコアアップコースとスピーキングコースには加算されます。

TOEICスコアアップコースは50万円〜80万円程度

そのため、TOEICスコアアップコースの値段は、

  1. 2ヶ月(16回):20万円 + 32万8千円 + 教材費 = 約52.8万円以上
  2. 3ヶ月(24回):20万円 + 45万円 + 教材費 = 約65万円以上
  3. 4ヶ月(32回):20万円 + 57万2800円 + 教材費 = 約77.2万円以上

となります。

スピーキングコースは50万円〜65万円程度

スピーキングコースの値段は、

  1. 2ヶ月(17回):20万円 + 32万8千円 + 教材費 = 約52.8万円以上
  2. 3ヶ月(25回):20万円 + 45万円 + 教材費 = 約65万円以上

となります。

英会話力養成コースは45万円程度

最後に、英会話力養成コースの値段ですが、

  1. 3ヶ月(24回):45万円+ 教材費 = 約45万円以上

となりますが、中々の値段にはなります。

しかし、実は大手英会話スクールに毎日通った場合と比較してみると、スクールの料金自体はそこまで高い訳ではなかったりします。

大手マンツーマン英会話スクールとの料金比較(2ヶ月版)

英会話スクール名 料金(2ヶ月間)
ライザップイングリッシュ 約50万円(入会金5万円+20万円+ 32万8千円 + 教材費)
GABA 約35万円〜約47万円(入会金32,400円+テキスト代19,440円+1レッスン料金 約5,000円〜7,000円 ×2ヶ月分)
ベルリッツ 約41.5万円〜約53.5万円(入会金32,400円+テキスト代22,680円+1レッスンの料金 約6,000円〜8,000円 ×2ヶ月分)
TOKKUN ENGLISH 約34.8万円(入会金5万円+授業料298,000円)
TORAIZ 約25万円 ※1年の費用を2ヶ月分で算出
(入会金5万円+月額9万円+年間コンサル費用18.5万円)

まず、ライザップイングリッシュは専属コーチと一対一のレッスンが週に2回、そしてオンラインレッスンが週5回もありますので、本当に毎日英語に取り組みます。

一方、筆者がGABAに実際に通った経験から言うと、2ヶ月間毎日GABAに通うのは、正直無理かと思います…(笑)

何よりGABAなどの大手の英会話スクールでは、専属コーチがついてくれませんので、途中で挫折しかねません。

ですので、毎日英語漬けで充実した2ヶ月間を過ごしたいのであれば、ライザップイングリッシュを利用された方が良いかと思います。

ただし、このような専属コーチがつく英会話スクールであれば、上場企業のライザップイングリッシュよりも、ベンチャー企業のTOKKUN ENGLISHの方が料金自体は安いです。

しかし、TOKKUN ENGLISHは英語のレッスンがある訳ではなく、あくまで英語学習コンサルティングサービスです。また、1年間しっかりと英語をやりたい場合は、TORAIZの方が良いでしょう。

海外留学とライザップイングリッシュとの効果や費用を比較


筆者はセブ島にも留学したので留学との比較もお伝えしますが、たしかにセブ島留学は、「英語のスピーキング力」を伸ばすに向いています。

ただし、「英語のリーディング・ライティング・リスニング」といった、英語の総合力を伸ばすのにはあまり向いていません。

実際、セブ島留学では「いきなり海外駐在が決まって、英語を勉強しないといけなくなってしまった」方などにもお会いしました。

ライザップイングリッシュは英語の総合力を高めたい人にはおすすめ

仕事で使う英語は、当然スピーキングだけではありません

ですので、まずはライザップで英語の総合力を高めて、その後にスピーキング特化でセブ島に留学された方が良いのです。

仕事や留学などのために短期間でTOEICやTOFELの点数を上げたい方全ての英語の能力を短期集中で上げたい方などには、ライザップイングリッシュは向いていると思います。

ライザップイングリッシュの公式サイトへ

ライザップイングリッシュの実際の口コミは?


また、実際にライザップに通っている方の口コミも、ちらほら見受けられます。

色々とコメントはありますが、ライザップイングリッシュが他の英会話スクールと異なる点は、すでにダイエットで実績や科学的なノウハウがある点です。

ですので、もちろん本人の努力は必要でしょうが、50万円払って受講して、全く効果がないということは、逆に考え辛いかなとは思います。

ライザップイングリッシュには「挫折しづらい仕組み」がある


上記の口コミにもありましたが、ライザップイングリッシュに通うと専属コーチがつきますので、環境的に途中で挫折し辛い仕組みが整っているとも言えます。

また、ライザップイングリッシュの講師は、TOEIC900点以上の日本人講師とフィリピン人講師ですので、発音矯正などにも分かりやすく徹底的に取り組んでくれます。

当然ですが、一人一人英語の苦手なところは当然違います。

ですので、そのような受講生に合わせた「フルオーダーメイド型」の英会話レッスンを提供してもらえるという点は、他の英会話スクールや海外留学とは違う点です。

フルオーダーメイド型のレッスンは欧米への留学では得られない


フルオーダーメイド型のレッスンは、筆者が経験したロンドン留学などでは、100%受けられません。基本的に、ネイティブ講師1人に10数人の生徒といった形です。

また、ライザップイングリッシュの場合は50万円もお金を払う訳ですから、「30日間無条件の全額保証制度」もあります。

このような保証制度も、残念ながら海外留学ではありません(笑)

全額保証制度を提供できるぐらいのクオリティは担保されている

ですので、最悪ライザップイングリッシュに通い始めてみても自分に合わなければ返金を請求することはできますので、その点には安心感があります。

逆に言えば、それぐらいの保証制度を提供できるレベルには、クオリティは担保されていると考えて良いでしょう。

なので、一度ライザップイングリッシュがどんなものか検討されたい方は、今なら無料体験も開催していますので、一度足をはこんでみてはいかがでしょうか。

ライザップイングリッシュの無料体験はこちら

ライザップイングリッシュは受講後のアフターサポートもあり


ちなみに、ライザップイングリッシュの入会後には、コースが終わった後も「継続スコアアップコース」というレッスンの継続を希望する方向けにアフターサポートがあります。

また、「ライフサポートコース」という、月2回ほど英語力をメンテナンスするための月謝制のコースもありますので、短期間の方だけに向いているという訳でもありません。

ライザップイングリッシュの店舗の場所と交通アクセス一覧

ちなみに現在のところライザップイングリッシュは、池袋店と新宿店の2店舗があります。(2018年3月追記)現在は池袋、新宿、新宿御苑、銀座にあります。

店舗名 詳細
池袋店
(詳細はこちら)
住所:〒171-0022 東京都豊島区南池袋1丁目-25番9 MYTビル5F
営業時間:7:00~23:00
アクセス:JR山手線「池袋駅」西武鉄道東口(地上)出口 徒歩3分
新宿店
(詳細はこちら)
住所:〒160-0022 東京都新宿区新宿3-9-9 新宿ワタセイタマビル9階
営業時間:7:00~23:00
駐車場:店舗裏側に有料コインパーキング有
アクセス:JR山手線「新宿駅」南口徒歩10分、東京メトロ丸の内線「新宿三丁目駅」C6出口徒歩1分
新宿御苑店
(詳細はこちら)
住所:東京都新宿区新宿2丁目-1-14 エレメンツ新宿 2F
営業時間:7:00 ~ 23:00(年中無休)
アクセス:丸の内線「新宿御苑前駅」徒歩2分
銀座店
(詳細はこちら)
住所:東京都中央区銀座3-3-1 ZOE銀座 7F
営業時間:7:00 ~ 23:00(年中無休)
アクセス:東京メトロ「銀座駅」C8出口から徒歩2分、東京メトロ「銀座一丁目駅」5番出口から徒歩2分、JR「有楽町駅」中央口から徒歩3分

このようにライザップイングリッシュは駅から近く立地の良いところにありますので、この点は東京に在住の方にとっては便利かとは思います。

ライザップイングリッシュの運営会社の信頼性は?

ライザップイングリッシュの会社概要
出典:ライザップイングリッシュ

最後に、ライザップイングリッシュの運営会社は某N●VAのように潰れないよね?(笑)という点を確認します。

ライザップイングリッシュの会社概要を確認すると、ライザップイングリッシュはRIZAPイノベーションズ株式会社と株式会社アチーブゴールが運営していることがわかります。

株式会社アチーブゴールは2011年に設立された会社で、事業内容は以下となっています。

  1. 欧米・東アジア地域語学学校の運営及び留学手続き代行事業
  2. フィリピン人英語講師の国内英語講師としての派遣事業
  3. オンライン英会話運営事業
  4. RIZAP ENGLISH運営事業

これを見る限りはアチーブゴールが、これまでに培った英語教育のノウハウなどをライザップに提供しているようです。

一方、RIZAPイノベーションズ株式会社は、もともとはパーソナルトレーニングジムなどを運営していた「健康コーポレーション」です。

こちらは社名を2016年に変更していますので、つまりはRIZAPグループという認識で良いでしょう。

RIZAPグループの業績は増収増益で事業を拡大中

ライザップグループは東証一部に上場している企業ですので、HP上に業績がきちんと開示されています。

ライザップグループは英会話事業だけでなく様々な事業を展開していますが、年々増収増益を続けている急成長中の企業です。

設立4年で売上高は100億円を超え、あっという間に東証一部に上場し、2017年時点ですでに売上高1000億円に到達しようとしていますので、かなりの急成長中の企業です。

ですので、どこかの某英会話スクールのように、自分がライザップイングリッシュに通っている間に、いきなり運営会社が倒産する可能性はかなり低いと考えて良いでしょう。

ライザップグループの社長も信頼できるのか?

企業が好調なことは分かりましたが、ライザップを経営する社長の人間性はどうなのでしょうか?

ライザップグループの社長は「瀬戸 健」氏です。瀬戸氏は1978年生まれの学生起業家です。

明治時代学商学部を中退し、24歳の時にライザップグループの元となる健康コーポレーションを創業しています。その後たった4年で売上高100億円を達成しています。

恐ろしい経営手腕を持った社長ですが、NewspicksでDMM英会話を運営するDMMグループ会長の亀山氏とのインタビューがありましたので、少し内容を抜粋します。

ライザップグループのコンセプトは「自己投資産業」

亀山:ところで、大豆やおからの食品、美顔器、石鹸、ダイエットと、グループ全体で健康系・直販型のビジネスを基本にしてるのかな?

瀬戸:はい。起業のときから「健康でいこう」と。

市場が大きいですし、私たちはこれらの事業を「自己投資産業」と言っているんです。

亀山:自己投資産業とは?

瀬戸:「豆乳クッキーダイエット」も美顔器も、購入者はクッキーや美顔器そのものが欲しいのではなく、「クッキーを食べてやせたい」「美顔器を使ってキレイになりたい」と一歩先のなりたい自分を想像して買うのです。

衣食住の生活必需品ではなく、なくても生きていけるけれど、あると毎日が楽しくなる、自分に自信が持てる。

そんな自己投資のための商品を扱うのがコンセプトです。

出典:ライザップ社長が語る「ブレイク前の苦闘」

こちらのインタビューを拝見する限り、社長の瀬戸氏はかなりの経営手腕を持つやり手の経営者であるだけでなく、「自己投資のための商品を扱う」のがコンセプトという、明確な軸を持っている経営者のように見受けられます。

若い時には自分にお金をかける方が、長い目で見れば一番レバレッジが効くとは良く言われていますが、今のうちに自分に投資をしておいた方が、結果として数年後に一番リターンを得られるのではないでしょうか。

ライザップグループのノウハウの元、本気で自分に投資をしてみる

ライザップグループは、今までダイエットなど他の領域でも確かな実績を持ち、順調に事業を成長させてきている企業でもあります。

そのようなしっかりした実績やノウハウを持った企業の元、「本気で英語に取り組みたいけれども、海外留学の時間は取れない方」や、「何としてでもTOEICの点数を短期間であげたい方」などは、本気で自分に投資して、ライザップイングリッシュに通ってみても良いのではないでしょうか?

ライザップイングリッシュの無料体験はこちら

ABOUT ME
編集部
編集部
主に東京で完全無料のプログラミングスクールや転職でおすすめのプログラミングスクール、ウェブデザインスクールやコーチング式ビジネス英会話スクールなどの体験談や口コミ情報をお届けしています。
20代向けおすすめプログラミングスクール
Rubyプログラミングスクール比較

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA