海外旅行雑記

万里の長城への行き方・時間・入場料を鑑み「慕田峪長城」ルートが一押し。

北京旅行では念願の万里の長城(慕田峪長城)に向かいました。

万里の長城はとても長いので、実は観光ルートにもいくつか種類があります。

万里の長城には電車でもいけますが、結構時間がかかるそうですので、個人で行くならバスやタクシー、ツアーあたりが楽で良いかもしれません。

ちなみにこれは中国旅行全般にいえることですが、wifiが全然ありませんので、絶対中国旅行の際は海外専用グローバルWiFiを借りておいた方が良いです。

目次

万里の長城(慕田峪長城)への行き方・所要時間・入場料

万里の長城

まずバスでの行き方ですが、

北京地下鉄東直門駅より旅遊専線936系統に乗車すると、長城まで直行する

(毎日7、8、9時に発車、14、15、16時に戻ってくる行程)

とのことです。

参考:慕田峪長城 – Wikipedia

僕は今回は友人の車で朝8時30分ぐらいに出発して、現地でお昼を食べて14時前ぐらいに戻ってきましたので、所要時間は大体午前中いっぱいぐらいでしょうか。

万里の長城の入り口ふもと付近に色々お店がありますので、お昼はそこで食べられます。

ローカルレストランやバーガーキングなどなど色々あります。

ちなみに万里の長城へは、入場料含めて往復で180元(シャトルバス+リフト+スライダー付き)でした。

行きはシャトルバス&リフト、帰りはスライダー&シャトルバス

万里の長城
万里の長城に着いてからは、シャトルバス+スキーのリフトみたいな感じで登りました。

結構欧米の観光客が多く、日本人は全然いませんでしたね。

f:id:abroaders:20170425123127j:plain
僕はリフトを使いましたが、ケーブルカーで登る方法もあります。

ケーブルカーで登ると登った先が少々違うのですが、そこは好みによります。

一応歩いて行くこともできますが、凄まじく遠いのであまりオススメはしません。

以前友人は3時間ぐらい歩いて登ったらしいです…

ちなみに登ったらこんな感じです。

北京今回僕らは登った後に少々散策して、その後滑り台(スタイダー)で下る形で帰ってきました。

ですが帰りはリフトで帰ってきたり、ケーブルカーで帰ってきたりすることもできますので、そこも好みです。

ちなみにスライダーはこんな感じです。

f:id:abroaders:20170425123548j:plain
往復で180元(3000円ぐらい?)は少々高めですが、中々スライダーはできない体験なので良いような気はします。

その後僕らは市内に戻り、芸術区や前門を観光していました。

北京の市内に戻った夕方は芸術区をぶらぶら

北京旅行
芸術区は色々とオシャレなカフェもあり、デートスポットとしてもオススメです。

日本人好みのカフェなんかもいくつかありましたので、ここらで夕方に一息ついてもいいかもしれません。

f:id:abroaders:20170425124348j:plain
ちなみに以前北京に来た際に寺や博物館は色々見たので今回は特にそういうスポットはスルーしましたが、それでも十分楽しめました。

f:id:abroaders:20170425133016j:plain
というかむしろ今回の方が楽しかった気はします。笑

もちろん故宮などを色々みてもいいのでしょうが、一つ二つぐらいで飽きちゃう気はします。

北京の前門もなかなか良いですよ

f:id:abroaders:20170425124443j:plain

こちらは前門ですが、最近の北京はもはや東京並というか東京より発達している(?)ので、特にお寺などを観光をしなくても十分楽しめます。

何より食べ物が色々美味しいのがいいですね。

中国のcocoのタピオカミルクティーはおすすめ

f:id:abroaders:20170425125156j:plain
こちらはタピオカミルクティーチェーンで有名なお店です。

上海などにもありますので、中国に行く機会があれば飲んでみてください。

f:id:abroaders:20170425125231j:plain
北京は天気がよければ空気もそんなに悪くはないです。

もちろん天気が悪いとやばいのでマスクは必需品ではありますが、2~3日の滞在ならそんなに問題はない気がします。

冒頭でもお伝えしましたが、中国旅行の際は、他のWifiよりも安い海外専用グローバルWiFiを借りておくことをおすすめしておきます。

北京観光におすすめのガイドブックはタビトモ

ちなみに北京観光で一番おすすめできるガイドブックはこれです。

北京 (タビトモ)

ほどよい大きさと内容ですのでおすすめしときます。というかこれぐらいしかないかもw

続いて、こちらのガイドブックでも紹介がありますが、北京旅行で食べるべき「火鍋」や「北京ダック」のオススメ店をご紹介します。

中国で美味しい食べ物といえば「火鍋」ということで、筆者も北京2日目の夜は友人と火鍋を食べにいきました。

北京で有名な火鍋のお店は海底撈火鍋(王府井店)

火鍋

まず、こちらの海底撈火鍋(王府井店)は北京への出張者にも人気のお店で、中国国内には結構店舗があります。

値段は少々高めですが、ここのお店の接客サービスの質の高さはピカイチです。

もちろん火鍋の味は美味しいのですが、個人的にそれ以上に驚いたのが接客サービスの良さです。

中国というと接客サービスはよくない印象がありますが、こちらのお店は日本並みに接客サービスが良いです。

写真の麺のパフォーマンスも秀逸です。ご飯の終盤になると店員さんがパフォーマンスしてくれます。

美味しい火鍋と質の高い接客サービス

火鍋

肝心の火鍋はいい感じの写真を撮り忘れました(え)。ぜひ皆さんも実際に行って食べて見てください。

ちなみに日本では池袋に店舗がありますので、東京の近くに住んでいる方はそちらに足を運んで見てください。

北京でのIT・決済インフラの普及

IT

こちらの火鍋店のシステムもそうですが、北京を旅行していて常々感じたのは、IT・決済インフラの普及です。

この点は日本より進んでいるように思います。こちらの火鍋店の注文システムも、日本のシステムよりも快適でした。

それ以外にも、万里の長城や映画館のチケットシステム、至る所でのwechatでの支払いなど、日本より便利な部分がたくさんあります。

中国という国は、他国の良いサービスやテクノロジーなどを更に改良し、国内に適合するような形で上手く取り入れているように思います。

そういう点で、とても賢い国です。

日本の40代以上ぐらいの方からは中国の印象はよくないようですが、もうすでにGDPの面でもテクノロジーの面でも日本は中国に追い抜かれているという事実は、頭に入れておいた方が良いのかもしれません。

そして今後はこちらの火鍋店の例のように、日本が得意とするサービス面も、もしかしたら中国に追い抜かれてしまうのかもしれません。

まあ当面この接客サービスなどは日本は優位ではあると思いますが、今後10年を考えるとわかりません。

接客サービスに力を入れた方が儲かると、中国の経営者達が判断した場合、怒涛の勢いで日本の飲食店を追い上げてくるような気もしなくもありません。

中国とはそんな国であるような気がします。そんなことをふと思ってしまった火鍋店でした。

豊かになった北京をしみじみと感じる

北京

今回は7年ぶりの北京だったのですが、まず感じたのは、北京は豊かになったということです。

物価は上がり、街は綺麗に整備され、地下鉄は発達し、街を歩いている人々はオシャレになりました。

北京

はっきり言って北京にはすでに東京よりも発達している部分もたくさんありました。

しかし空気はかなり悪い。。。

北京

ですが、そのような急速な発達の結果なのか、空気はかなり悪くなっていましたので、現地では特製マスクを友人に貰いました。

僕が滞在していた時はたまたま空気も良い方で、PMは大体70ぐらいだったのですが、やばい時はPM300ぐらいまでいくらしく、もはや空気が目に見えてヤバイそうです。

渋谷のスクランブル交差点がPM50ぐらいらしいので、PM70ぐらいなら許容範囲な気はします。

北京の原宿「南锣鼓巷」

北京

南锣鼓巷は日本で言う原宿みたいなスポットなのですが、7年前に来た時とは大違いで栄えていたように思います。

近くには湖もあり、おしゃれなカフェやレストランが並んでいるエリアもあります。

びっくりなのが一杯800円ぐらいするコーヒーが普通に売ってることですね。

東京の物価は安いですね本当に。

北京

それともう一つ似たような原宿みたいなスポットにもいきました。

最近はこちらのストリートも徐々に人気が出てきているみたいです。

北京

さて前置きが長くなりましたが、その後の夜は友人と合流し、北京ダックを食べにいきましたので、おすすめのお店をご紹介します。

北京ダックなら大董烤鴨店(dadong kaoya)

北京

こちらのDadongは北京ダックの名店らしく、北京市内にもいくつかお店があります。

今回は友人に予約してもらったお店に行ったのですが、アクセスしやすい場所に行ってみるのがオススメです。

www.tripadvisor.jp

北京ビールも飲みやすく美味しいです。

北京

こちらが噂の北京ダック!

普通に美味しいです。

北京

夜は三里屯のバーに行ったりしていましたが、三里屯は日本の六本木のような感じで、外国人が集まるバーのようなスポットがたくさんあります。

北京でインターナショナルな雰囲気を感じたい方にはオススメのスポットです。

中国は意外にも現金社会で日本のクレカが使えない

北京

ちなみに意外にも?、北京では日本のクレカで支払える場所が多くない印象でした。

WechatやAlipay、銀聯カードでは支払えるのですが、日本のクレジットカードでは支払いができない場所が多数です。

わりと現金のみのスポットが多く、北京から市内へのエクスプレス鉄道も現金のみの25元でした。

物価の面に関しては、観光地ではカフェのジュースが1杯40元程度だったり、中々高いです。

家賃も東京より高いようですし、もはや北京旅行は東京旅行より高いかもしれません。

タクシーは初乗り13元なので日本より安いのですが、北京市内は交通渋滞が酷すぎて、道でタクシーを拾うのもアプリで拾うのもとても大変です。

特に三里屯からの帰りのタクシーは拾うのが大変すぎるので、少し離れたところまで歩かないと拾えません。。

そしてWifiスポットは少ないので、筆者はケンタッキーやカフェなどで無料Wifiを利用していました。

冒頭にもお伝えしましたが、Wifiに関しては心配でしたら絶対借りた方が良いです。

空港で返却できますので大して荷物にもなりませんので、中国に行かれる際は海外専用グローバルWiFiはおすすめです。

ちなみに中国旅行の3日目は天津に行きました。

北京から天津へは高鉄(電車)で30分

f:id:abroaders:20170425163048j:plain

北京から天津はかなり近いです。

天津行きの電車のチケットをネットで予約して、当日窓口で受け取ります。

ですが、ここで注意なのがいつも窓口が激混みなことです。

天津に行くなら列車出発の1時間以上前には北京南駅にいた方が無難

f:id:abroaders:20170425160317j:plain

以前北京に旅行に来た際、春節とぶつかり、あまりの窓口の激混みさに電車の切符を諦めたことがあったので、今回はその反省を活かして北京南駅には1時間前に到着しました。

それでも電車に乗れたのは発車15分前ぐらいです。

f:id:abroaders:20170425160212j:plain

乗る前には荷物検査があったりして、ここも平日ですら行列ですので、休日に移動する場合は余裕を見て移動されることをオススメします。

ちなみに今回はネットで1等席を購入したのですが、1等席はこんな感じです。

f:id:abroaders:20170425160407j:plain

1等席は少々高いですがとても快適です(2等席は日本の新幹線みたいな感じです)。

他の乗客はお金持ちっぽいおじさんや謎の綺麗なお姉さんでした。

僕はお金持ちっぽいおじさんの隣の席だったので、色々と日本や中国について話をしていました。

途中でおじさんが英語を話せることに気づいたのですが、基本的に会話は中国語でしていました。

僕の中国語レベルは日常会話レベルですが、外国人が現地の言葉で話せば、少々たどたどしくても仲良くしてくれる気がします。

また、中国人で英語を話せる人というのは結構エリートな確率が高く、日本のマスメディアが報道するような中国人とはちょっと別人種のように感じます。

中国人エリートは欧米への留学経験があったりするので、非常にスマートなことが多いように思います。

僕の隣のおじさんも日本に旅行にきたことがあるらしく(日本に旅行に来れる方というのはビザの関係上ある程度限られています)、ビジネスやら政治やら色々な話をすることができました。

そんなこんなで無事30分ぐらいして天津に着きました。

天津の出張にはホテル日航がオススメ

f:id:abroaders:20170425160726j:plain

今回はホテル日航に泊まったのですが、こちらはいたって快適!でした。

天津の中央の駅からも近くて便利な場所にあるので、天津に出張や旅行でくる機会があればとてもオススメできるホテルです。

ホテルの予約はAGODAさんを利用しましたが、今回は無事予約できていましたw ホテル内のwifiもスムーズでしたね。

ただし、天津も北京と同じく市内にあまりwifiスポットはありませんので、市内でもwifiを使いたいということでしたら海外専用グローバルWiFiがオススメです。

天津には伊勢丹もある

f:id:abroaders:20170425161044j:plain

ちなみに近くには伊勢丹があります。

天津の中心はもはや日本の東京と変わらないぐらい発展しています(ちなみに夜遊びスポットがたくさんあるみたいです)。

ただ、最近天津の爆発事故があった影響からか、街には若干の過疎感を感じました。

さらに、天津にはこのような都会な雰囲気の場所だけでなく、ちょっとヨーロッパを感じさせるようなスポットもいくつかあります。

f:id:abroaders:20170425161127j:plain f:id:abroaders:20170425161224j:plain f:id:abroaders:20170425161227j:plain

たま〜にですが、外国人もチャリで散歩していました。

あんまり日本人含めて外国人は多くはない印象でしたね。

天津でも桜を見ることができます

f:id:abroaders:20170425161319j:plain

ちなみに筆者が天津に行った時期がたまたま4月でしたので、天津でも桜が咲いていました。

日本の桜とは少々違うのですが、もう少しこの桜が広範囲に渡って綺麗に咲き出したら、もはや桜観光は日本のものだけではなくなりそうな気がふとしてしまいました。

f:id:abroaders:20170425161322j:plain

天津にはこの写真のような古い街並みも残っています。

一応ここは天津の観光スポットなのですが、平日ということもありそんなに賑わってはいませんでした。

天津の夜景はテレビ塔から見えます(50元)

f:id:abroaders:20170425161536j:plain

ついでなのでテレビ塔に足を運び、天津の夜景を見に行きました。

テレビ塔も若干過疎感がすごかったのですが、週末はもう少し人がくるのかもしれません。

f:id:abroaders:20170425162820j:plain

駅から歩いて7~8分ぐらいのところにあります。

最上階には回転式レストランもありますので、ここで夕飯を食べてもいいかもしれません。

北京・天津旅行を経て思ったこと

f:id:abroaders:20170425132839j:plain

今回の北京・天津旅行で強く感じたのは、中国の方が日本よりシェアリングエコノミーの普及が早いんじゃないかという点です。

前半では中国のシェアリングエコノミーについて触れ、後半で今回の北京・天津旅行のまとめを書いておきます。

中国のタクシーはDidi Taxi一強の時代

Taxi

日本はUberやAirbnbなど、シェアリングエコノミーに対す規制が激しいですが、中国ではちゃくちゃくとシェアリングエコノミー市場が発展しています。

中でも有名なのはDidi Dache(嘀嘀打車)でしょう。

Didi Dache(嘀嘀打車)は以前はKuaidi Dache(快的打車)と競争していたのですが、それが合併し、今では中国で一強です。

そしてついにUberも中国で使えなくなってしまいましたので、タクシーアプリはDidiに依存するしかありません。

ですが、実際のところ現時点ではDidiの需要に対して、供給が全く追いついていないのが現状です。

街中は車で溢れ渋滞もすごく、場所によってはかなりのお金を上乗せしないとタクシーを呼べなかったりします。

Didiのさらなる発展を期待します。

中国で自転車シェアのmobikeとofoは凄かった

f:id:abroaders:20170425132752j:plain

北京や天津では、今自転車のシェアリングエコノミーが台頭しています。

どうやらofoは北京大学の学生ベンチャーらしいのですが、街中で使われまくっています。

なんと30分が0.5元ですので、大体1時間乗っても20円ぐらいです。

支払いはWechatのQRコードで簡単に決済できます。

決済すると鍵が開いて使える仕組みです。

色々と自転車を川に捨てられたり、部品を盗まれたりと問題も起きているようですが、その勢いは1日2000万台利用されるなど、とどまるところを知らないようです。

タクシーが捕まらない今、この勢いはさらに加速するのではないでしょうか。

雨が振ったりしたら自転車はいやですが・・・

北京・天津旅行のまとめ

f:id:abroaders:20170425132907j:plain

とりあえず旅のまとめを。

なお、筆者が天津や北京を観光した日はたまたま曇りでしたが、帰国日はめちゃくちゃ晴れていたので、上手く晴れの日にあたればとても空気も良く、もっと綺麗な景色が見えるかもしれません。

中国国内でのスマホ・Wechat・決済手段の普及が凄まじい

北京で天津でも、電車の中でスマホをしている人をよく見かけました。

中国人は日本人と同じように電車内の至る所でスマホをしています。

すさまじい勢いでのスマホの普及、Wechatの普及、それに伴う決済手段の普及を感じました。

ただ、天津ではすさまじく日本のクレカが使えなかったので、旅行に行かれる際は注意が必要です。

天津の観光地でも基本的にwechatや銀聯カードしか使えないことが多いので、高級店以外は、ほぼキャッシュ払いと考えた方が良いように思います。

確かに中国で決済手段は普及しているんですが、それはWechatやAlipay、銀聯カードを保有する中国人のためのインフラであり、外国人観光客にはそんなにまだ優しくないように思いました。

銀聯カードをお持ちでないようでしたら、海外旅行用のクレジットカードを準備しておくと現地通貨でキャッシュの引き出しが可能です。

天津のGDPは成長しているものの、街の空気感はなんとも言えない…

天津はGDP上は着々と成長しているようですが、実際に行った感想としては、あんまり街に活気は感じられませんでした。

やはり爆発事故があったせいなのでしょうか?

また、筆者が平日に行ったためいろんなところが空いていたのか、それともいつもそうなのか…

バブル崩壊とは言わないまでも、東南アジアみたいな活気は、街にはあんまりなかったように思います。

余談ですが、こういうことを考えると、東京タワーやスカイツリー、六本木ヒルズなどの東京の観光地は平日でもいつも人気なようには思いますので、東京は観光スポットとしてはまだまだ人気なように思えました。

中国はそんなに外国人観光客には優しくないかも

最後に、もし中国語が全くできないで個人旅行をするのであれば、正直ツアーの方が良いのかもなぁと思います。

上でも書きましたが、あんまり外国人観光客には優しくない国です。

お店では基本的に英語は通じませんし、北京でもそうなのですが、天津では尚のこと中国語ができないといろんな人と意思疎通が測れません。

しかも北京語も鈍っているのか、北京で旅行していた時よりも、天津では相手の中国語はかなり理解できなかったです。

自分が話していることは理解してもらえても、相手が話していることが分からないという…

北京に2年以上駐在している友人も、天津の田舎の方に行くと、同じ北京語でもなまりすぎていて30%ぐらいしか分からないとのことでした。

なかなかハードルが高い中国語です。

天津旅行におすすめのガイドブック

ちなみに、実は天津のガイドブックってあんまないので、筆者は北京と一緒のやつを購入しました。

まあ天津だけに行くのもあんまりかと思いますので、天津に行く際にはぜひ北京と天津の両方に行かれることをおすすめします。

D03 地球の歩き方 北京 2016~2017

また、wifiもそんなに飛んでいる訳ではないので、中国旅行に行かれる際は海外専用グローバルWiFiを利用されるのが個人的にはおすすめです。

ではでは。

20代向けおすすめプログラミングスクール
30代未経験エンジニア転職におすすめのプログラミングスクール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA