マネパカードは安全?手数料は安い?使う際の注意点は?どんな人におすすめ?

先日イギリスに長期留学中の友人と会ったのですが、「マネパカード」が便利という話で盛り上がりました。

マネパカードは日本円を事前にチャージする「プリペイドカード」です。海外現地のATMで外貨の引き出しも可能です。

運営は東証一部上場企業のマネーパートナーズですので、運営面での安全性は高いと言えるでしょう。

マネパカードは何が便利なの?

海外に長期滞在する場合は向こうで銀行口座作ってもよいんですが、マネパカードであれば色んな通貨に対応しているという点が、色んな国に行く自分にとっても便利なんです。

どういうことかというと、日本円の100万円を、インターネット上の操作画面でマネパカードにチャージしておきます。

そうすると、アメリカに行く際にはそのうちの20万円をドルに両替して使って、イギリスに行った時に20万円をポンドに両替して使って、ヨーロッパ旅行中は20万円をユーロに両替して使って、みたいなことができるんですよね。

なので為替が変動しても関係ありません。

例えば、事前に銀行で日本円をドルに両替しておいて保有しておいたものの、急激に円安がすすんでしまったら最悪ですからね(笑)

手数料が圧倒的に安い

しかも普通のクレジットカードを使うより、圧倒的に手数料が安いです。これは本当です。

普通の日本で使ってるクレジットカードだと、だいたい海外で利用すると1.6%ぐらい手数料でもってかれちゃうんですが、マネパカードだと0.8%ですみます。

一般的なクレジットカードだと「為替手数料」「海外事務手数料」などがかかってしまうんですが、筆者も普通のクレジットカードを海外で使った際の手数料に結構やられました。

まあ安い買い物なら良いんですけど、レストランとかで結構大きな金額を決済すると結構とられますので注意です。

マネパカードの利用に向いている人

ちなみにマネパカードは下記の人には向いていると思います。

  • 入会費無料、年会費無料が良い人
  • 米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドルを使う地域に行く人

この理由は、注意点とともにお伝えします。

マネパカードを使うときの注意点

マネパカードのいまちいな点は、アジア(香港以外)を旅行する時とかなんです。

これはなぜかと言うと、今の所マネパカードには米ドル・ユーロ・ポンド・豪ドル・香港ドルしかチャージできないんです。

裏技で韓国ウォンチャージする方法とかあるんですけど、まあ若干手数料が高くなります。なので、上記の対象通貨以外の地域に行く人には微妙かなーって感じなんです。

ちなみに以前ご紹介したキャッシュパスポートの「マルチカレンシーキャッシュパスポート」の場合は「日本円、米ドル、ユーロ、英ポンド、豪ドル、香港ドル」に加えて、「NZドル、カナダドル、シンガポールドル」がいけます。

なので、マネパカードで対応していない地域に行かれる方はキャッシュパスポートでも良いかなと思っています。

マネパカードは土日は基本的に両替できません!


あともう一点、公式サイトにものっていますが、基本的にマネパカードは土日の間は外貨両替ができません。

まあ正確に言うと夜中はできますが、いずれにせよマネパカードを利用する場合は平日の間に両替しておく必要があります。

まあそんなに大した問題ではありませんが、旅行に行くのが土日で直前になって両替していない〜とかいうことは無いようにした方が良いかとは思います。

あと通常のキャッシュカードと同じですが、マネパカードをATMで利用して現地通貨を引き出す場合は、4桁の暗証番号が必要になります。

この暗証番号を忘れてしまうと、再発行(1,000円/回)の手続きが必要になりますので、暗証番号は忘れないようにしましょう。

それと暗証番号に関してはまあ他のクレジットカードもそうですが、ATMで5回以上暗証番号の入力ミスをするとセキュリティロックがかかって利用できなくなりますので、この点も注意です。

マネパカードに関するまとめ

以上のようにマネパカードを使う際の注意点はありますが、マネパカードは色々と便利で安全なカードだと思います。

マネパカードに与信審査はありませんが、発行には1週間程度はかかりますので、今後利用する予定がある方なども事前に申請しておいた方が良いかとは思います。

マネパカードには普通に日本円をチャージして「電子マネー」みたいに日本で使うこともできます。

日本では「MasterCard」のマークがあるお店で食事や買い物が可能ですので、かなり多くのお店で利用が可能だと思って良いでしょう。

また、海外旅行で余った外貨をネットで日本円に戻すこともできます。

ちなみに外貨を日本円に戻す際の両替手数料も無料ですので、この点だけ見ても外貨両替よりはるかにお得です。

今ならマネパカードのキャッシュバック率も2%ですので、持っておいて損はないカードの一つかなとは思います。

マネパカードの申し込みサイトはこちら

おすすめのビジネス英会話スクール
おすすめのプログラミングスクール

関連記事

ロンドンの日本食5選!安く美味しく一人で行くならMISATO(みさと)

Time

人生で大切なものは何か?それを明確にし、その大切なことに時間を使うことが重要

北京で火鍋なら海底撈火鍋(王府井店)!北京ダックは大董烤鴨店!池袋にもありますが...

ドイツのドアの鍵の開け方のコツは鍵を引く!鍵を開けるのが超絶むずい件

ロッテルダムからデンハーグは電車で30分!ユトレヒトも良い街でした。

北京から天津への行き方は電車で30分!でもチケット購入時間には要注意。