海外旅行雑記

セブ島のコンビニはファミリーマートが便利で綺麗。

日本ではファミリーマートよりセブンイレブンが好きな筆者でしたが、セブ島ではもっぱらファミマ派になりました。

ちなみにWifiなどはありませんので、セブ島に行かれる場合は海外専用グローバルWiFiを利用されるのがおすすめです。

写真は個人的に好きなスナックで、コンビニで売ってます。結構辛いのですがパッケージの通り「美味しい」です。

それでは今回はセブ島のファミマとセブンイレブンの特徴をユーザー目線でざっくり紹介します。

目次

セブ島のファミマの特徴

1. 店内がとても綺麗

セブ島のコンビニ

まずセブ島のファミリーマートはイートインスペースを含めて店内がとても綺麗です。しかも大抵警備員付きという安全さです。

店内のイートインスペースで何かを食べたら、そのゴミを警備員さんが片付けてくれるというサービス?までついてます。

2. 日本の商品を買える

セブ島のコンビニ

この綺麗さに加えて、ファミリーマートでは日本のカップラーメンやおにぎりなど、日本ならではの商品を買えます。セブンイレブンでも一部日本のお菓子などは買えますが、ファミリーマートには勝てないでしょう。

実際現地のフィリピン人に聞いたところによると、ファミリーマートは日本の商品を買う時に行くとのことでした。ただ値段が高いのでそんなに頻繁には使わないようです。

3. レジ前の商品が充実

セブ島のコンビニ

そして日本と同じく、肉まんなどのレジ前の商品も豊富です。1ペソ=2.4円とすると94円程度ですので、値段自体は日本とそんなに変わりません。

セブ島のコンビニ

レジ前にはこのようなカフェで売っているようなクオリティのドーナツやパンもたくさん販売されていました。

セブ島のコンビニ

揚げ物なども色々とあります。

4. セルフサービスの種類が豊富

セブ島のコンビニ

そして、驚くべきなのはセルフサービスの種類の豊富さです。シェイクやアイスクリームなどが売ってます。ちなみに抹茶アイスはそんなに美味しくはありませんでした。

ちゃっかりネスレも入ってます。

セブ島のコンビニ

入り口にはUCCが貼ってあったのですが共存しているのでしょう。

5. RCBCのATMがある

セブ島のコンビニ

RCBCはRizal Commercial Banking Corporationの頭文字をとっており、日本ではりそな銀行と提携しています。

セブ島のコンビニ

パッと見ただけでも現金の引き出しだけでなく、請求書の支払いなどいろんなサービスを提供しているようです。

一方、セブンイレブンはどうでしょうか?

セブ島のセブンイレブンの特徴

1. 店内にミスタードーナツがある

ミスタードーナツ

まず驚きだったのが、セブ島のセブンイレブンにはミスタードーナツが入っていることです…!!

日本ではミスドはセブンイレブンのドーナツに売り上げを奪われているとまで言われていましたが、なんとセブ島ではセブンイレブンの店内にミスドが置いてあるという状況です。

ちなみにセブンの肉まんはこんな感じです。

肉まん

ファミマより安い肉まんがあるようです。なんと29ペソ(≒70円)です。

2. チャージングステーションがある

チャージングステーション

実は携帯にチャージをすることで、インターネットや電話ができるようになるようです。1ヶ月だいたい200ペソ(500円程度)を使うとのことです。

ちなみにファミマのATMでもローディングができるようでした。ローカルのコンビニの場合は、自分の携帯番号を伝えることで携帯にチャージができたりするようです。

3. コーヒーメーカーがある

コーヒーメーカー

こちらはファミマにもありましたが、セブンにもおなじみのコーヒーメーカもあります。

ぶっちゃけセブンにはあまり斬新なものがなかったので、この辺にしておきます。

その他にはコンビニはミニストップがありますが、現地のフィリピン人によるとミニストップはアイスクリームが美味しいので、アイスクリームを食べる時に行くとのことでした。

色々と違いがあるようですね。

ちなみに皆さんはジョリビーというファーストフード店をご存知でしょうか?

フィリピンではコンビニに加えてジョリビーが人気

ジョリビー

写真のような可愛い?ミツバチのマスコットキャラクターがいる、フィリピンの超人気ファーストフード店です。

ジョリビー(jolibee)の「joli」は「jolly」から由来しており、「楽しい・愉快な・陽気な」という意味を持っています。「bee」は「昆虫のハチ」です。

そのため、マスコットがハチなのです。

ジョリビーのパスタは甘い

ジョリビー

まずみなさんが気になるであろうメニューから紹介しますが、ジョリビーのメニューは基本的に「チキン+パスタ」や「チキン+ライス」など、チキンと何かになっています。

個人的にはスパイシー味のチキンが好きですが、パスタはとても甘いです。

ターゲットがファミリーであったり子供であったりするからなのか、もともとフィリピン料理が甘いものが多いからなのかはわかりませんが、ぶっちゃけパスタはそんなに美味しい感じはしませんでした。笑

ジョリビーは常に激混みですが…

ジョリビー

ちなみにセブ島ではスーパーなどではめちゃくちゃ列で並んだり、レストランでも食べ物が出てくるのが遅かったりします。

ですが、ジョリビーはオペレーションが良いのか、いつ見ても人は並んでいますが、提供に関しては結構スムーズです。

ジョリビー

こんな感じで店員さんがせっせと働いています。セブ島でこんなにせかせか動く店員さんを見るのも珍しいかもしれません。

ちなみにお客さんのみなさんも、バーガーよりもチキンを頼まれている方が多そうでしたね。

ジョリビーの理念やM&Aから読み取れる思想

ジョリビー

どうやら今のロゴは「Beeda ang sarap!」のようです。

フィリピン人の友人曰く、これは正しくは「Bida ang sarap!」だそうです。「Bida – star」、「Sarap – delicious」という意味で、「Taste is the best!」という意味になるそうです。

ちなみに以前は「Bida Ang Saya」で、訳すと「Happiness is the best!」だったみたいです。とても素敵な理念ですが、この理念の下、実はジョリビーはフィリピン国内でも多くのM&Aを実施しています。

HPの情報によると、2015年3月31日時点で以下のような状況です。

まず全体として、ジョリビー・フード・コーポレーションは、世界中に2,951店舗のお店を持っているそうです。

フィリピン内のジョリビーブランド店舗数は?

フィリピン内のジョリビーブランドの店舗数はというと…

・Jollibee 869(ジョリビー)

・Greenwich 216(ピザ)

・Chowking 419(中華)

・Red Ribbon 334(ケーキ)

・Mang Inasal 452(焼き鳥)

・Burger King 45(ハンバーガー)

→以上の計2,335店舗です。

調べていて驚きましたが、フィリピンで良く見かけるチェーン店はほとんどがジョリビー傘下だったようです…

フィリピン外のジョリビー店舗数は?

海外はどうなのかというと…

・USA 32

・Vietnam 60

・Brunei 12

・Saudi Arabia 10

・Qatar 3

・Kuwait 3

・Singapore 2

・Hong Kong 1

→合計123店舗!

いやはやおそるべしジョリビーですが、ジョリビーはM&Aによってチェーン店を買収しても、元のブランドを維持したまま拡大を図る戦略のようです。

ちなみに海外店舗でサウジアラビアがありますが、サウジアラビアにはフィリピン人は英語講師として行きやすいようです。そのような背景もあってか、サウジアラビアにも店舗があるのかもしれません。

実はジョリビーのファウンダーは華僑

ジョリビー
出典:Tony Tan Caktiong | Online Business Ideas for Entrepreneurs | Business Plan, Resources, Tips and Strategy | Entrepreneur Philippines

一方、ジョリビーと激しく競争しているのが、アメリカ発のマクドナルドやケンタッキーです。しかし実はこの対決というのは、フィリピン VS アメリカの戦いではなく、中国 VS アメリカの戦いとも言えるのかもしれません。

と言いますのは、ジョリビーはもともと生粋のフィリピン人が創業した企業ではなく、ファウンダーは華僑のトニー・タン。中国福建省からの移民が創業した企業でした。

多くのフィリピン人もそのことについては知っているようで、フィリピン人の友人曰く、なかなか生粋のフィリピン人が1世代で大企業を創り上げて成功していったストーリーというのはまだまだ少ないようです。

トニー・タンは2016年時点にて純資産30億ドルの億万長者ですが、現在フィリピンにある大企業の創業者のほとんどは中国人や韓国人ファウンダーによるものとのことでした(正確な数値は統計を取ってないのでわかりませんが、印象だとそんな感じみたいです)。

フィリピンのマクドナルドの店員さんはノリ良し

マクドナルド

話が少々それましたが、筆者はマクドナルドにもいってきましたので、ついでにマクドナルドがどんな感じだったかをご紹介します。

まず、割といつも空いてます。大丈夫なのかマクドナルド…笑

ですが、筆者が写真を撮ったらなんと店員さんがピースをしてくれるぐらいノリは良かったです。笑

フィリピンのマクドナルドはチキンメニューが豊富

マクドナルド

こちらもジョリビーと同じくチキンのメニューが豊富にありました。

もちろんバーガーのメニューもあります。

マクドナルド

あとは日本でもおなじみのサイドメニューなど。

ちなみにドリンクにはパイナップルジュースがあったのがありがたかったです。

マクドナルド

値段は写真にもありますが、現在1ペソ=2.4円程度ですので、日本よりも安く食べられることができます。だいたいセットメニューでも半額程度でしょうか?

筆者は200円以下でチキンのセットメニューを食べました。

個人的にはマクドナルドのチキンの方が美味しい

マクドナルド

食べて見て思ったのですが、マクドナルドのチキンの方が美味しい気がしました。笑

まあでもこの辺は正直好みによるんじゃないかと思うので、気になる方はぜひジョリビーとマクドナルドのチキンを食べ比べて見てくださいね。

ちなみにマックではもちろんWifiも使えるので、Wifiが必要な時に立ち寄るというのも全然ありな選択肢かと思います。

フィリピンのビールについて

あと、大抵のフィリピン人はジョリビーに加えてビールが好きらしいので、フィリピンのビールについても最後にちょっとご紹介します。

おそらく良く目にするのは「サンミゲル(San Miguel)」シリーズと「レッドホース(Red Horse)」かと思います。

ですが実はこの商品を提供しているのは両方とも「San Miguel Corporation」の子会社の「San Miguel Brewery」のようで、現在では日本のキリンが相応の株式を保有しています。

そう考えるとスペイン統治時代に設立されているとはいえ、キリン次第ではありますが、今後フィリピンのビールは結構日本色が強くなっていくのかも…?という気もしました。

1. サンミゲル(Samigel)シリーズ

Samigel Light(ライト)

フィリピンのビール

フィリピンの定番ビールといったらこのサンミゲルライトです。サンミゲルライトが置いていないお店はほぼないでしょう。

日本のビールより薄味ですが、台湾ビールよりは濃いぐらいの味です。

Samigel Apple & Lemon(アップル&レモン)

フィリピンのビール

続いてご紹介するのがサンミゲルアップルとサンミゲルレモンです。

サンミゲルアップルは味がかなり甘いので女性に人気?かもしれません。レモン味もかなり飲みやすいです。

フィリピン人曰く、フィリピンの若い世代はライトよりアップルやレモンを好むそうです。その他にも「rhum(ラム酒)」が好きという若いフィリピン人もいましたが、フィリピン人はどうやら基本的に甘いものが好きなようですね。

San Miguel Pale Pilsen(ペールピルセン)

フィリピンのビール

サンミゲルのペールピルセンはサンミゲルライトよりも多少味が濃いめな気がします。お店では値段が一番安いことが多いかもしれません。

その他サンミゲルシリーズには、San Miguel Premium ALL-MALTS(プレミアムモルツ)もあります。ですが、正直日本のビールと比べるとそんなにどれも変わらない気もします。

2. レッドホース(Red Horse)

フィリピンのビール

続いてご紹介するのがレッドホースですが、レッドホースは右側のビールです。その名の通り外観は赤いです。

サンミゲルライトよりも多少度数が強く、味も濃い目です。日本のビールに近いものや度数が多少は高いビールを飲みたい方にはレッドホースがおすすめです。

フィリピンのビールはフィリピン人曰くほぼサンミゲルとレッドホースらしいのですが、将来的には新たに日本っぽいビールも入ってくるのかもしれませんね。

ビールが苦手ならマンゴーシェイクかフレッシュジュース

フィリピン

ちなみにビールが苦手な方にはマンゴーシェイクやフレッシュパイナップルジュースなどがおすすめです。

ジュースはフレッシュとフレッシュじゃない場合がありますので、レストランで注文する時には必ずフレッシュなのかどうかを確認した方が良いかと思います。

おすすめのセブ島の語学学校はこちら

ちなみにセブ島に少々滞在していると、やはり日本料理が恋しくなります。そんな時にオススメな日本食のお店をご紹介しておきます。

① 日本料理屋「はんにゃ」について

f:id:abroaders:20170106184619j:plain
まずは「はんにゃ」をご紹介しますが、ここは日本食のメニューがとにかく豊富で店内の雰囲気も良いです。Wifiも2時間なら無料です(ちょっと遅いですが)。

ここは普段使いしたい日本料理屋としてオススメできるお店です。

肝心の味もほとんど日本で食べる食事と変わらないクオリティでしたので、普通に美味しいです。また、ご飯も日本のご飯で感動でした。

はんにゃのメニュー

f:id:abroaders:20170106184708j:plain

一部をご紹介するとこんな感じです。

個人的にはお茶漬けまであるのが感動的でした。

f:id:abroaders:20170106184706j:plain

刺身やお肉料理など色々とありますので、選ぶのにだいぶ迷ってしまいます。

結構日本人のお客さんが多いような気はします。

はんにゃへの行き方

f:id:abroaders:20170106184710j:plain
  • 電話番号:032 2687081
  • 平均予算:PHP1150(2人)
  • 営業時間:24時間
  • 住所:Ground Floor, Hotel Asia, Don Jose Avila Street, Capitol Site, Cebu City
  • 支払い方法:現金かクレジットカード

基本情報はこんな感じですが、24時間営業なのが素晴らしいです。困ったらはんにゃへタクシーで直行するのが良いかもしれません。

② 居酒屋Nonki(のんき)

f:id:abroaders:20170117121821j:plain

続いて、日本料理の中でも居酒屋を紹介しようと思います。個人的には今回ご紹介する居酒屋呑気は、実際食べてみたらはんにゃよりも美味しい?気がします。

「Nonki」は居酒屋といっても普通に定食もあるお店ですので、夕飯を食べに行く場所として最適です。

Nonkiの店内

f:id:abroaders:20170117121822j:plain

店内はこんな感じでちょとした和テイストです。

お客さんはあまり入っていなかったのですが、味は結構美味しいと思います。

Nonkiのメニュー

f:id:abroaders:20170117121924j:plain

さすがに居酒屋呑気というだけあって、日本のビールや日本酒もあります。

焼酎もあります。

f:id:abroaders:20170117122007j:plain

値段はセブ島にしては少々高いです。

筆者はビールにはこだわりはないので、せっかくなのでサンミゲルライトを注文しました。

f:id:abroaders:20170117121829j:plain

サンミゲルも日本のキリンにすでにかなりの割合の株式を持たれている話は以前も書きましたが、いずれかなりキリンビールに似たサンミゲルシリーズが出てくるのかもしれません。

無難なとんかつ定食

f:id:abroaders:20170117121833j:plain

Nonkiではこのような定食も食べれます。はんにゃは割と冷凍な感じなので、お刺身やトンカツははんにゃより絶対美味しい気がします。

美味しいキムチ鍋

f:id:abroaders:20170117121830j:plain

個人的にはこちらのキムチ鍋がオススメです。

日本で食べるのとそんなに変わらないクオリティの料理のように思います。

Nonkiへの行き方

Nonkiの基本情報

  • 電話番号:032 5057638
  • 平均予算:PHP950(2人)
  • 支払方法:現金・クレジットカード
  • 営業時間:11 AM 〜 2 PM, 5 PM 〜 10 PM
  • 住所:Ground Floor, One Pavilion Mall, Banawa, Cebu City

いい加減セブ島でのフィリピン料理に飽きた時には、このような日本の居酒屋に立ち寄ってみるのもいいのかもしれません。

③ Barikata Ramen Bar(バリカタラーメンバー)

セブ島にいるものの、やっぱり日本のラーメンは食べたくなるものです。

多分一番食べたいものと言ったら日本のクオリティのラーメンな気がしますが、一応セブ島にもラーメンがあります。

現地のフィリピン人にも勧められて「Barikata Ramen Bar(バリカタラーメンバー)」に行って来ましたのでご紹介します。ちなみにバリカタはITパークにあります。

Barikataのメニュー

f:id:abroaders:20170102213840j:plain

こんな感じでとんこつラーメンが食べられます。

f:id:abroaders:20170102213901j:plain

筆者は赤とんこつを頼みました。辛さはそんなに辛く無いです。

Barikataの店内

f:id:abroaders:20170102213843j:plain

店内はこんな感じで綺麗で、なんと日本のジャンプも置いてありました。

一体誰が読むのだろう・・・

f:id:abroaders:20170102213846j:plain

筆者が訪問した際は、お客さんは日本人が多かったです。

セブ島の日本食レストランに行くと大抵日本人がいるような気はします…

ラーメンより揚げ出し豆腐の方が美味しい

f:id:abroaders:20170102213852j:plain

個人的な結論としては、ラーメンより揚げ出し豆腐の方が美味しかったです(え)

豚骨ラーメンはなんとなくフィリピン人向けの味付けになっているような気もしないでもなかったので、ちょっと日本の豚骨ラーメンとは違うような気がします。

④ 筑前屋のもつ鍋が美味しいらしい

f:id:abroaders:20170102213856j:plain
最後にご紹介するのが筑前屋です。ちなみにさきほどのBarikataは知暮里や筑前屋などの日本食レストランと同じ系列のようです。

実は筑前屋には筆者はまだ訪問はしていないのですが、もつ鍋がとても美味しいらしいです。筆者も機会があったら行ってみようかと思います。

Barikata Ramen Barへの行き方

  • 電話番号;032 2689582
  • 平均予算:PHP900(2人)
  • 支払方法:現金・クレジットカード
  • 営業時間:11:30 AM〜2:30 PM, 5:30 PM〜10:30 PM
  • 住所:Calyx Centre, IT Park, Lahug, Cebu City More in IT Park, Lahug (84)

セブ島で焼肉なら韓陽苑(Kanyoen)か豚家(DONGA)が絶対オススメ

続いて、セブ島で日本のクオリティの焼肉を食べるとしたら、韓陽苑(Kanyoen)が圧倒的にオススメです。

値段も日本の値段とあまり変わりませんが、とにかく美味しいものを食べたい時にはとてもお勧めできるスポットです。

そしてサムギョプサルならDONGAが330ペソで食べ放題ですのでお勧めです。

焼肉なら韓陽苑(Kanyoen)

f:id:abroaders:20170103092654j:plain

外観はこんな感じです。

韓陽苑(Kanyoen)は店内も綺麗です。

f:id:abroaders:20170103092653j:plain

筆者は開店と同時に行ったので普通に入れましたが、通常は予約された方が良いように思います。

値段感はたん塩5枚で300ペソぐらいですのでセブ島にしてはかなり高いです。

韓陽苑はネットや雑誌などいろんなところで紹介されていますのでとりあえず行き方だけ載っけておきます。

韓陽苑(Kanyoen)への行き方

  • 電話番号:032 2322989
  • 平均予算:PHP1,200(2人)
  • 支払方法:現金・クレジットカード
  • 営業時間:11:30 AM 〜 12 PM, 5:30 PM 〜 10 PM
  • 住所:Ground Floor, Castle Peak Hotel, F. Cabahug Street Corner President Quezon Street, Mabolo, Cebu City

サムギョプサルなら豚家(DONGA)

f:id:abroaders:20170103092740j:plain

続いてDONGAのご紹介です。

DONGAは厚切りサムギョプサルが330ペソで食べ放題のお店です。

DONGAの店内

f:id:abroaders:20170103092657j:plain

こちらも筆者は少々早めの18時前に行きましたので、店内は結構空いていました。

DonGAのメニュー

f:id:abroaders:20170103092703j:plain

こちらの330ペソでサムギョプサルが食べ放題です。

これを頼むだけでサイドメニューも豊富です。

キムチが個人的には美味しかったです。

f:id:abroaders:20170103092711j:plain

ちなみにこれらのサイドメニューは全部無料でお代わりできます。

店員さんに言えばキムチもご飯もサンチェもなんでもお代わりできます。

f:id:abroaders:20170103092717j:plain

そしてちゃんとライスもついてます。

でもライスは店員さんにくださいと言わないと出てきません。笑

Dongaのサムギョプサル

f:id:abroaders:20170103092724j:plain

とにかくDONGAのサムギョプサルはでかいです。

そしてとても美味しいです。

f:id:abroaders:20170103092715j:plain

焼けるとこんな感じですが、日本で食べるクオリティと変わらない気がします。

f:id:abroaders:20170103092721j:plain

DONGAもKANYOENの近くにありますので、どっちかが入れなかったらもう片方に行っても良いのかもしれません。

DONGA(豚家)への行き方

  • 電話番号:63 9273228833
  • 平均予算:PHP330(1人)※これにプラス飲み物代程度
  • 支払方法:現金のみ
  • 営業時間:12PM〜5 AM
  • 住所:F. Cabahug Street Corner Juan Luna Avenue, Kasambagan, Cebu City

日本のクオリティの焼肉を楽しみたいなら韓陽苑(Kanyoen)、セブで安く美味しくサムギョプサルを食べたいなら豚家(DONGA)がお勧めです。

一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

ではでは。

おまけ:らーめんどうじょう(RAMEN DOJO)

f:id:abroaders:20170102213752j:plain

ちなみにリーズナブルにラーメンを食べるならチェーン店のらーめんどうじょうがおすすめです。店内はこんな感じです。

f:id:abroaders:20170102213755j:plain

味はまあパーキングエリアのラーメンぐらいのクオリティでしょうか。

餃子は結構美味しい気がします。

f:id:abroaders:20170102213802j:plain

ラーメン道場への行き方

  • 電話番号:+63 9778158600
  • 平均予算:PHP400(2人)
  • 支払方法:現金・クレジットカード
  • 営業時間:10 AM 〜 9 PM
  • 住所:Ground Floor, Robinsons Cybergate, Capitol Site, Cebu City

ではでは。

20代向けおすすめプログラミングスクール
30代未経験エンジニア転職におすすめのプログラミングスクール

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA